キッズデザイン・メッセージ

メッセージ from キッズデザインスペシャルサポーター

Vol.22

モータージャーナリスト&レーシングドライバー

清水和夫

最近「子ども達の未来のために」という麗句を目にすることが多い。例えば自動車の環境問題だ。「未来の子ども達のために」という言い方が一見耳に聞こえがよいが、じつは大人の本音ではないことに気がつくことがある。自分の胸に手を当てて考えれば分かり易いが、こうした大人の犠牲的精神は実は大人の自戒なのではないかということだ。いままで排気ガスを躊躇うことなく排出し、自動車の利便性に満足してきた大人が、環境問題を前にして「未来の子どものために...」という反省が生まれたのだ。
しかし、現実は子どもは大人の背中を見て育つもの。大人が社会でどう愉しく生きているのか、実は子ども達はその澄んだ眼でじっくりと見つめているのではないだろうか。私はそんな子ども達の目差しにドキッとすることがある。いまできることは「子どものため」と嘯くことではなく、大人が社会を豊かにする努力を惜しむことなく、大人が人生を愉しむことではないだろうか。無意味な夫婦喧嘩や友人社会への不平不満を言うだけでは、子どもたちは失望してしまうだろう。
キッズセイフティは実は大人自身の問題なのかもしれない。

プロフィール

清水和夫(しみず かずお)
1954年東京生まれ。 モータージャーナリスト&レーシングドライバー
日本カーオブザイヤー選考委員、日本交通医学研究会 会員
1972年のラリーデビュー以来、国内外の耐久レースで活躍する一方、モータージャーナリストとして活躍。自動車の運動理論や安全性能を専門とする。
ボランティア活動として、チャイルドシートの普及活動を行いながら「子供の安全ネットワーク・ジャパン」、「妊婦のシートベルト着用を推進する会」などの会をサポートしている。近年は、救急救命・AEDの普及活動をおこなっている。

Vol.21

サッカー解説者

セルジオ越後

子供が成長するために大人は教育をします。子供が自立するために大人が伝えて行く事、それが教育なのだと思います。
よく教えるという事を、買って来たパソコンにプログラムをしていくように思っている方が多いようですが、コンピュータ以上に人間の脳はすばらしいのです。今の子供達はプログラムした事はできますが、自分が考えて行動するようなプログラムされてない事は出来なくなっています。
子供は理屈より目から入ります。興味から入るという事はデザインが非常に重要という事です。変化を感じて行く事で子供は成長して行くのではないでしょうか?

プロフィール

セルジオ越後(せるじお えちご)
1945年ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。
18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。非凡な個人技と俊足を生かした右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補に選出される。
1972年来日し、魔術師のようなテクニックと戦術眼で日本のサッカーファンを魅了。
来日当時から少年サッカーの指導にも熱心で、全国各地で青少年のサッカー指導にあたる。ユニークな指導法とユーモア溢れる話術で、サッカーの魅力を伝える。
辛辣で辛口な内容のユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

Vol.20

パナソニック(株)社長

大坪文雄

パナソニックは創業以来、90年間にわたって誰もが安心・安全、簡単・便利に使うことができる電気製品づくりを、絶えず心がけてきました。私自身、老若男女を問わず世界中で愛用されるオーディオをつくることが長年の仕事でした。
子どもは、なんでも触って、説明書も見ずに見事に使いこなします。その能力は驚くばかりで、使いこなすプロセスを見れば、もっと使い易くするにはどうすればいいかが見えてきます。もしヒヤリとすることがあれば、より安全なものに改良する糸口も見えてきます。
キッズデザイン協議会の活動は、子どもを意識したものでありながら、その活動の追求が実は全ての人が使いやすい「ユニバーサルデザイン」に直結していくところに、えもいわれぬ深みがあるのではないかと思います。日本で始まったこの活動が、世界中の子どもたちを守り、より多くの笑顔を創る活動に繋がっていくことを切に願います。

プロフィール

大坪文雄(おおつぼ ふみお)
パナソニック(株)社長。
1945年生まれ。1971年松下電器産業(株)(現パナソニック(株))へ入社。
2003年パナソニックAVCネットワークス社社長。
2006年よりパナソニック(株)代表取締役社長。

Vol.19

株式会社INAX 代表取締役社長

川本隆一

暮らしやすさって何でしょう。豊かな生活ってどんなことでしょう。
「もの」に満ち溢れた満足感より、四季の移ろいを感じ、本当に大事にしなくてはな
らないものを慈しみ大切に扱う、そんな心の豊かさを育むことの方が、人として生き
ることの満足につながる。
子供たちにそんな環境を与えることが大人の使命ではないかと考えます。
暮らしの中で触れられ使われる製品も、使い勝手や便利さだけでなく、環境に優しく
安全で、寛ぎや心の満足が得られる、そういうモノづくりを追究したいと思っています。
そして、子供たちがそんな住環境の中で健やかに育っていくことを願っています。

プロフィール

川本隆一(かわもと りゅういち)
(株)INAX社長。
1952年生まれ。1976年(株)INAXへ入社、2007年より代表取締役社長。
1990年、世界初の自家発電機能を盛り込んだ自動水栓を開発、第1回省エネ大賞を受賞。
2001年、世界最小タンクレストイレ「SATIS」を市場に送り出す。

Vol.18

森ビル株式会社 代表取締役社長

森 稔

新しいもの、初めて見た風景に夢中になる子どもたち。
子どもたちの探究心、好奇心に尽きるところはなく、その可能性は無限です。
子どもたちが思う存分、喜びを実感し、学び、成長する暮らしのためには、大人たちが、本当に安全で安心でき、自然の豊かさや本物の文化・芸術と触れ合える街をつくってあげることが大切です。
森ビルは、六本木ヒルズ屋上庭園での田植え、稲刈り体験や、ヒルズを舞台に、環境・安全・文化をテーマとした「夏休み子ども体験学習プログラム」の実施など、街づくりを通じて、共に学びながら快適な都市生活のあり方を考える機会を積極的に提供しています。
大人たちには、これまでの経験を社会に還元する責任があります。そして、社会全体、街全体で子どもたちを育てる義務があります。未来を担う子どもたちのため、森ビルは、安全・安心で環境にやさしく、豊かな感性や創造力を育む街づくりをこれからも推進していきます。

プロフィール

森 稔(もり みのる)
森ビル(株) 代表取締役社長
1934年生まれ。1959年森ビル(株)を設立し、取締役就任。
1993年に同社の代表取締役社長となる。
オフィスだけでなく、住居や商業施設も備えた街づくり「アークヒルズ」、「六本木ヒルズ」、「表参道ヒルズ」などを手掛ける。

ページトップへ戻る

キッズデザイン・メッセージラインナップ

  • Vol.22  

  • Vol.21  

  • Vol.20  

  • Vol.19  

  • Vol.18  

  • Vol.17  

  • Vol.16  

  • Vol.15  

  • Vol.14  

  • Vol.13  

  • Vol.12  

  • Vol.11  

  • Vol.10  

  • Vol.09  

  • Vol.08  

今日からあなたもキッズデザイン・サポーター

メールニュース購読者募集中!