インフォメーション

2013.01.15 Tue

キッズデザイン復興支援プロジェクト「子どもたちの元気プロジェクト」
「CAMP子どもワークショップ@南三陸町入谷小学校」実施のご報告

次世代育成を通じた震災復興支援の取り組みとして、2012年11月13日(火)〜15日(木)の3日間、宮城県南三陸町立入谷小学校の授業の中で、CAMP子どもワークショップを開催しました。
今回は、SCSK社員有志6名もボランティア休暇などを取りファシリテーターとして参加。入谷小の元気な子どもたちと一緒に活動し、みんなの笑顔が輝く素敵なワークショップになりました。

■開催概要

日 時: 2012年11月13日(火) 9:30〜12:15 CAMPクリケットワークショップ(5年生)
2012年11月14日(水) 9:30〜12:15 CAMPクリケットワークショップ(6年生)
2012年11月15日(木) 9:30〜12:15 CAMPくうそう・しょくぶつ・図鑑ワークショップ(1、2年生)
会 場: 宮城県南三陸町立入谷小学校
主 催: SCSK株式会社
協 力: 宮城県南三陸町立入谷小学校

■開催報告

1日目:CAMPクリケットワークショップ with 5年生17名

1日目は5年生のみんなと乾電池式の小型コンピューター「クリケット」を使ったワークショップを行いました。
グループでのアイデア出しから制作まで元気がはじけていた5年生。見たことないけど本当にいたらおもしろい、そんな不思議な生物がたくさん完成しました。

5年生の感想
・今日は友達とふしぎな生物を作って、何を作ろうかとまよったけど、いろいろ考えてやっと完成できて良かったです!とても楽しかったです!!
・くじびきでグループをきめたことと、いろいろな素材と道具を使って作品を作ったことが楽しかったです。音を決めたりしておもしろかったです。
・最初は戦車を作ろうとしたけどできなくてくやしかったです。プログラムがいっぱい、いれられてたのしかったです。
・みんなでいろいろな物を作れて楽しかったです。作った物におもしろいのもあって、とてもいいたいけんでした。

2日目:CAMPクリケットワークショップ with 6年生16名

2日目のワークショップは6年生と。昨日5年生たちが創った個性的でふしぎな生き物たちをじっくり観察しながら、みんなでアイデアをさらに膨らませて、変わったうごきの活き活きとした作品を創り出しました。

6年生の感想
・プログラミングをするのが今日はとても楽しかったです。
・最初はなにを作ろうかまよったけど、自分たちでも作れるような物ということでトトロにしました。でもトトロの灰色がなかったので、かわりにピンクで色ちがいのトトロをつくりました。まっくろくろすけとトトロをうまくつけ合せたので、トトロっぽくみえました。今日はとても楽しかったです。
・今日はパソコンやいろいろな道具をつかって、なっとくできる作品ができたのでよかったです。
・ペアで協力して満足度100%!!の作品をつくることができて、とても楽しかったです☆ありがとうございました。

3日目:CAMPくうそう・しょくぶつ・図鑑ワークショップ with 1、2年生20名

入谷小学校でのCAMP最終日となった3日目は、1年生と2年生の合同授業で、CAMPくうそう・しょくぶつ・図鑑ワークショップを行いました。見たことのないふしぎなタネ。植木鉢に植えてみんなのアイデアを注ぐと、どんな植物が育つかな?みんなで、好奇心いっぱいに取り組んでくれました。

1、2年生の感想
・とてもたのしかったのでまたできたらいいし、たのしくてさいこう。つぎの1、2年にもよろしくおねがいします。
・ここさんとジョンとりみととしくんとたねをえらんだり、グループわけをしたのがたのしかったです。
・たのしかったし、こういうのは、はじめてだったから、うれしかった。
・りくくんときょうりょくして、くずれたときもあって、ちょっとむずかしかったけど、作るのがドキドキワクワクしてたのしかった。
・ほかにもいっぱいしょくぶつがいて、すごいなあと思った。
・今日はたのしいいちにちでした。またこれたらきてください。

これまでの「子どもたちの元気プロジェクト」の活動はこちらをご覧ください!

<一覧へ戻る

ページトップへ戻る