インフォメーション

2012.04.13 Fri

キッズデザイン復興支援プロジェクト「子どもたちの元気プロジェクト」第5弾
「キッズワークショップショーケースinせんだい」実施のご報告

被災地の子どもたちの健やかな成長を支援するため、キッズデザイン協議会の自治体会員である宮城県と連携し、子どもたちへ元気と笑顔を届ける応援活動を「子どもたちの元気プロジェクト」として展開しています。

この度、第5弾として、協議会の会員企業が協同して、「キッズワークショップショーケースinせんだい」を開催しました。

キッズワークショップショーケースは、各地域で子どもたちの生活を支援する児童館等の事業に役立てていただくことを目的に、会員企業が保有する様々な子ども向けワークショップを、施設職員の方などに体験していただくものです。

■開催概要

日 時:2012年3月9日 13:00〜17:00

場 所:仙台市福祉プラザ1F プラザホール

■開催報告

会場となったプラザホールでは、会員企業5社による様々なワークショップを体験していただきました。 また、宮城県の産官学が連携した「ライフガード&キッズデザイン研究会」の活動から生まれた商品「つみ木めっと」の展示コーナーも設置され、参加者の方は興味深くご覧になっていました。 そして、後半では、参加者の方を含めたグループディスカッションを行いました。
参加者の方からは「日頃の立場を離れて純粋に楽しめた」、「ワークショップの楽しさや子どもの気持ちを再認識した」とのご意見を頂きました。
他方、実施に伴う材料費や手間などの課題、短時間で簡潔な内容への要望など、各施設での実施に向けた貴重なご意見も頂きました。
また、運営方法に関しては、体験をしながら実施者の話を聞く形式での開催にお褒めの言葉を頂くと共に、より広く早く告知することの必要性などのご意見も頂戴いたしました。
キッズデザイン協議会では、今回頂いた貴重なご意見を活かして、今後も継続的して施設職員の方々との連携を深める事業を進めてまいります。

※ワークショップ提供企業(順不同)
  株式会社芸術造形研究所、SCSK株式会社、株式会社トータルメディア開発研究所、
  株式会社LIXIL住宅研究所、株式会社アサツー ディ・ケイ
※展示参加企業(順不同)
  株式会社アシックス、ライフガード&キッズデザイン研究会、キッズデザイン協議会
※運営協力企業(順不同)
  凸版印刷株式会社、株式会社富士通研究所、森ビル株式会社

実施風景

実施風景

<一覧へ戻る

ページトップへ戻る